2017-12-04

はじめて見つけたものを飾る額縁

こんにちは。
majakkaのオーダーメイド額縁です。

しばらく更新に間があいてしまいました。
パソコンの故障で、バタバタしておりまして・・・

ようやく「いつもの」状態に戻ってまいりました。
また、よろしくお願いいたします。

さて、今回ご紹介する額縁は、
「きっと誰にでも、あるんだろうな」

そんな、こころあたたまる
想い出・記憶・気持ちがおさまる額縁です。

------------------

「はじめて、見つけたものなんです。これを飾りたいんです」

保存が難しくて・・・
でも、ずっと持っていました。

出てきたものは、プラスチックの箱に入った四つ葉のクローバー。
きれいなドライフラワーになっていました。

しかし、茎はとても繊細で少しでも手荒に扱ってしまうと
茎と葉は外れ、葉もカサカサとくずれてしまいそうです。

でも、ずっとずっと、大切に保管していたんだろうな。
その気持ちが伝わってくるご依頼品でした。

------------------

まず、全体の雰囲気を一緒に考えます。

あったかみのある、木の額縁が良いかな、と。

背景は、「布」をおすすめしました。
もし、お気に入りの思い出ある布があれば少しわけていただいて、
その布を使うこともできますよ、とお話ししながら。

木の額縁と、飾られるものと、検討しながら
布は、majakkaの製作で使うためにストックしてあるものから選びました。

四つ葉のクローバーを飾る木の額縁・majakkaオーダーメイド額縁

奥ゆきのある『箱額縁』は

そのひとにとっての、大切な想い出や記憶をおさめるための、
標本箱でもあると。

わたしは、考えています。

ひとつ、ひとつの、想いをお預かりして、
とくべつな『箱』を仕立て、そっと、おさめていく。
とても静謐な作業です。

おさめることで、想い出は
みえるかたちで、触れることはできないけれど
そのひとのそばに、永遠に寄りそいます。

わたしは、額縁は全ての人のためにあると思っています。
すべてのひとに、きっと、忘れられない、失くしたくない
唯一の大切なものがあると。

それをおさめ、飾るための箱として、額縁は存在しているし、
そのひと達の想いがどこかへ、迷子になってしまわないよう
わたしは額縁を作っています。

四つ葉のクローバーを飾る木の額縁・majakkaオーダーメイド額縁

完成した額縁をお渡しするときに訊きました。

「この四つ葉のクローバー、いつ見つけたものなんですか?」

「この子くらいのときかな」

そばには、4才くらいになるお子さまが寄りそっていました。

お母さんが、そう。あなたくらいの年齢のときに。
はじめて、見つけた四つ葉のクローバー。

わたしたち大人が見失ってしまいそうなものも
こどもの頃のわたしたち、
そして、こどもたちは
みつけているんだな。

あなたの想い出の「もの」は、なんですか?


------------------

箱型・木の額縁
材種:タモ
その他使用材料:麻布
サイズ:160×110×30㎜ 
参考価格:14,500円

---------------------


** majakka「家具+額縁」WEBサイト ・・・→ こちら

** 額縁のご注文は ・・・→ こちらのページから



---------------------

人気の投稿記事